プロフィール

HOME | プロフィール

こんにちは、OWLオウルの和久(わく)です。

自己紹介とOWL オープンまでの流れと想いをお話します。 

1973年佐賀県出身。
小中高と、のどかな田園風景に囲まれて育ち、大学は福岡へ。
卒業後は地元で住宅メーカーの営業事務職となり4年勤務。
 
当時、美容に大変興味があった私は、全国大手エステサロンが佐賀へ進出してきたタイミングで美容の世界へ転職。
東洋医学をベースとしたフェイシャル、痩身の理論、技術を学ぶ。
 
店長として働くなか、お客様痩身コンテストで全国3位の結果を出し福岡天神店の副店長となる。
 
日々お客様のお悩みをお伺いし、結果につなげるエステティシャンとして働くも連日夜中の帰宅で体が悲鳴をあげ限界を感じ退社。
 
その後、美容業界の女性社長との出会いで、マネージャーとなり業務をこなし多忙な日々を送る…

結婚後は、転勤族の主人と一緒に全国行脚の10年間。

福岡~鹿児島~神奈川。その間に2度の出産、育児。
周りに頼れる人がいない土地・環境での育児は、想像以上に大変でした。
今思うとあの時は、産後うつの症状だったんだ…と思える時も。
 
肩、首こり、腰痛…と疲れが溜まり限界で子供が赤ちゃんの時は、整体の方に自宅に来てもらい施術をしてもらったこともありました。
 
充実した幸せな日々でしたが、自分より家族・子供優先の毎日。
この頃は、不調になる前の末病で回復できるように症状に合わせて整体院・リラクゼーション、あらゆるサロンを周り、体調管理をしていました。

永住の地を福岡県福津市に決め、数年前に帰福しました。

子供の成長に伴いラクになると思いきや、仕事をしながらの分刻みの多忙な毎日。
以前と変わらず自分を犠牲にすることも多く慢性疲労状態で老眼の兆候も。
 
ふとまわりを見ても、私だけではなかったのです。
知人・仲間・子供までも、肩首こり、腰痛、目の疲れ、不眠…等
体の不調やストレスを感じながらも日々無理をして頑張っている人がとても多いことに気づきました。
そしてストレス社会の中で無表情で笑顔が少なくなっていることも。

10代~30代の若い世代もスマホ老眼の症状が増加しています。

私自身パソコンだけではなく、朝起きて寝るまでスマホを手放せません。
大人だけではなく子供達もまばたきを忘れる程集中し、スマホやタブレット、ゲームを使用します。
 
知らないうちにあびているブルーライトの影響は、眼精疲労の原因のひとつのようです。
 
そんな現代病とも言われる眼精疲労をケアする術を学び自分だけではなく家族やお悩みの方々をラクにしてあげたいと思い決心し、再びセラピストの道へ。
 
眼精疲労ケアを学んだ後、より深くヘッドマッサージも学ぶため、選んだ学校がエンドリングフェイシャルの神戸小顔カレッジでした。
大阪まで通い、整体理論に基づいた脳脊髄液の巡りを良くするヘッドマッサージ
そしてソフトタッチで痛くないのに施術後には変化が分かり、翌日も顔が変わっていく小顔矯正を学びました。
今まで小顔矯正=痛いと言うイメージがあったのでエンドリングフェイシャルの手技は魔法のようでした。
 
この小顔矯正と眼精疲労ケアは、子供達からやってほしいと言ってきます。
何よりもまず家族を癒せ、スキンシップがとれるのは幸せのひとつです。

鏡を見たり写真に映るのが憂鬱なあなたのお悩みを解消し、本来の笑顔の自分に戻れる癒しの場を

…と願いOWLを福津市、福間駅前にオープンいたしました。
 
OWL オウルの屋号は、福津市の宮地嶽神社に縁のある「ふくろう」の意味です。
パッと目が大きく楽になり、お帰りの際には笑顔になり、皆様に幸せが訪れますように。
という願いを込め決めました。
 
是非一度お試しいただきご自分の本来のお顔を見て下さい。
長文に目を通していただき有難うございました。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

オーナーセラピスト 和久(わく) 純子

保有資格

  • エンドリングフェイシャル課程修了(神戸小顔カレッジ)
  • ヘッドマッサージ課程修了(神戸小顔カレッジ)
  • アイケアセラピスト課程修了(日本アイケアセラピスト協会)
  • イヤーセラピスト科程修了(ジャパンイヤービューティ協会)
  • ハンドケアセラピスト課程修了(日本ハンドケア協会)
  • ハンドトリートメントセラピスト課程修了(はんどらびんぐチームONE! 福岡市ボランティア団体)
  • 介護職員初任者研修課程終了

お問い合わせ・ご予約

LinkIcon080-8885-7223

10時~19時(時間外応相談)
不定休・ 完全予約制
 
Copyright 2020福津市の小顔矯正・眼精疲労ケアならOWL[オウル]. All Rights Reserved.